今、水素水が色々な意味で注目されてますね。

 

ある人によれば水素水は効果があるし、

ある人によれば水素水は全然効果がない。

 

私はどっちも否定しません。水素水はニセ化学?でも言ったように水素水の効果は科学的に立証されてないからです。

だから、

水素の強力な抗酸化作用が、人間の体内組織の障害を防ぐという研究報告が最近次々と発表されたとしても、

理屈はどうであれ効果があればいい。

と思ってます。

 

とはいっても、まだ仮説段階ですが水素の良いところを今回は解説したいと思います。

 

抗酸化作用は水素だけ?

ビタミンやコエンザイムQ10なども抗酸化作用がありますが、分子が大きいため体の隅々まで浸透することが出来ません。
また、活性酸素の内善玉活性酸素といわれる一酸化窒素なども除去してしまいます。

抗酸化作用を持つ物質は多種ありますが、水素が他より優れている点は分子量が小さいため体内のどこでも通過できることで、脳内にも入って行くことができます。

水素は水素は油・水どちらにも溶けるので、脂質でできている人間の細胞膜の中にも簡単に入って行けます。

抗酸化作用をもつ水素の性質は、水素を体に取り込むと、積極的に悪玉活性酸素と結びついて体内から悪玉活性酸素を除去してくれることです。つまりこれが抗酸化作用といわれてます。
ヒドロキシラジカルなどの悪玉活性酸素は、老化の原因物質として知られていますね。

人間が生きている限り、この悪玉活性酸素は体内で自然に作られ続けます。なぜなら細胞レベルでエネルギーを作り出す際に、必ず発生するものだからです。

 

悪玉活性酸素は酸化力が強力なため、蓄積すると細胞にダメージを与え、病気を促進させたり、体の老化を促進します。

人間の老化や病気の主な原因は、この悪玉活性酸素であると言われています。

悪玉活性酸素が起因する、表に見える変化としては、顔や体のシミやシワ、くすみがあります。

体内で起こる変化としては、ガン、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の大きな要因にこの悪玉活性酸素が挙げられます。

この厄介な悪玉活性酸素を体内から積極的に減らせるとしたら、人間は健康面・美容面で様々な恩恵を期待できるということになります。

どんな水素水がおススメ?

水素水はペットボトルにはいった状態で販売されているものは以前からありましたが、現代の最新技術で、だれでも簡単に自分で水素を発生させて、しかも今までになかった程高濃度の水素水を作ることが可能になりました。

つまり、この技術で、自分が好きな時に、好きな場所で、好きな分量の新鮮な高濃度水素水を得られるようになったのです。

方法はごく簡単で、水やお茶、珈琲、スポーツ飲料水などに水素発生剤を入れて混ぜるだけで、高濃度水素水が出来上がる、というものです。

この水素発生剤を入れて作った水素水に含まれる水素濃度は、7.0ppmという超高数値です。

各水素水の水素濃度は水素水比較をご覧ください。

ちなみに、7.0ppmという水素濃度は、水素水製品の中で最高レベルだと言われています。業界最高水準の水素濃度7.0ppmを実現した水素発生剤として有名なのものには、セブンウォーターがあります。

セブンウォーター』製品は便利なセットになっています。水素発生剤と併せて、耐圧ペットボトルが入っており、だれでも即簡単に高濃度水素水を生成できます。水素濃度を自分で確認できる試薬も付いています。

万が一水素水を取りすぎた場合、悪玉活性酸素と反応しなかった余剰分の水素が、呼気として体外に排出されるだけですので、取りすぎたとしても人体には全く無害です。

また、水素は日本の厚生労働省が食品添加物として認可している物質です。

つまり、最先端技術によって高濃度の水素水摂取を可能にした『セブンウォーター』水素水は、誰でも安心して飲めるもので、私達の健康増進や美容に大きな効果が期待できるものなのです。